【イギリス観光】オックスフォードでおすすめの無料観光地三選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オックスフォード

イギリスで観光する場合、ロンドンももちろん素敵なのですが、少し移動してオックスフォードに行くことをおすすめします。そこはこじんまりとした歴史的な街であり、大都会のような騒がしさはありません。博物館や美術館が点在していて、安価で楽しめる場所も多いです。中でも良い観光地を三つ紹介します。

オックスフォード大学自然史博物館

まず紹介したいのがオックスフォード大学の自然史博物館です。街の中心から北に行くとあります。オックスフォード駅からでも、少し遠いですが全然歩いて行けますね。ここにはホストファミリーの子供と行ったのですが、その子ははしゃぎまくってました。

なぜかというと、やはり館内の恐竜が非常に大きいからですね。あれは化石なのか、なんなのか。分かりませんが、ジュラシックパークとかナイトミュージアムを彷彿とさせる博物館です。すべてがでかい。

2階の展示には生きてる虫なんかもいましたね。タランチュラのようなものや、ゴキブリのようなものが。少し気持ち悪かったですが、ゴキブリは生きた化石ですもんね、そういえば。何十億年も前の生物の説明なんかもあって、面白かったです。シアノバクテリアですね。内装も豪奢であり、オックスフォードっぽくて素敵です。

アシュモレアン博物館

アシュモレアン博物館は町の中心にある博物館で、様々な歴史的な展示物があります。僕が行った時は3階と4階が有料の展示となっていて、それ以外のフロアは無料でした。展示はヨーロッパの歴史や特にイギリスの歴史に関するもの、それには陶器や絵画が多かったです。日本の展示もありましたね。

数多くある展示の中でも、僕は中国関連の抽象画がけっこう好きでした。2階分のシンプルなフロアをぶち抜いて展示してあります。この世とは離れた世界に吸い込まれるような気分でした。あとイタリア等南欧を描いた風景画も非常に素敵でしたね。多分都市開発される前の、海沿いの平地とか。もう今は港として発展してるんだろうなあと、時の流れを感じました。あとは、楽器のコレクションなんかもすごかったですね。

館内の展示の説明などはすべて英語であり、申し訳ないですが、日本語のパンフレットがあったかどうかは確認しませんでした。が、パッと見てなさそうではありました。インフォメーションに行けばもらえたかもしれません。館内にいくつかあるカフェもおススメです。レモネードが美味しかったですね。普通に高かったですけど。まあそれは博物館価格ということで。

カバードマーケット

こちらはオックスフォードのラドクリフカメラ等の近くにある屋内のマーケットで、タイ料理や中華料理店、肉屋、八百屋、雑貨屋さんなど、様々なお店がギュッと凝縮されている場所です。無料の観光地とは言いづらいですが、入って商品を見ている分には無料ですからね。僕は実際ここで何も買いませんでしたが、昔ながらの商店街が見れた気がして満足しています。

ここは雰囲気が少し日本の下町っぽいですね。少しごちゃごちゃしていて、商品も(たぶん)安い。とはいっても、イギリスの物価は高いですから、日本にいる感覚で来ると全然安いとは感じないです。

土日は人でごった返していて、料理店の席もあんまり空いてないですね。特にお昼時なんかは。でもその分活気があって、英語で「安いよ!魚のなんたらかんたら!10ポンド!」という声も聞こえてきました。日本の魚市場なんかでもよく見かける光景ですよね。賑やかですけど、居心地はいいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*

CAPTCHA