【歩く図書館】アマゾンのKindle Unlimitedに登録して、読書も勉強もTOEICも楽勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
光

読書や勉強には、何を使っていますか?本屋や古本屋で、一冊数百円や数千円を払っていませんか?Kindle Unlimitedを活用すれば、月980円で10万冊以上の本が読み放題になります!そこではTOEICの試験対策本や漫画など、様々な書籍が揃っていて、非常に役に立ちます!紙の本とは違って持ち運びも楽々です。言うなれば、歩く図書館でしょう。

Kindle Unlimitedとはどんなサービスなのか?

では、キンドルアンリミテッドとはどのようなサービスなのでしょうか。それは、アマゾンが提供している本の読み放題サービスです。NetflixやHuluの本バージョンと考えていただければ分かりやすいと思います。月980円で様々な本が読み放題になるサービスで、一度に借りられる上限は10冊です。図書館に行く手間が省けますね。日本では2016年の夏から開始されたサービスで、海外ではさらに前から利用されていました。アマゾンではプライムリーディングというサービスもありますが、それとは比べ物にならないほど読める本の数は多いです。また、初月の30日はアマゾンアンリミテッドを無料で楽しむことができます。無料期間後は自動で980円が支払われてしまうので、注意して無料期間を楽しみましょう。↓

どんな種類の本が読める?

ハス

それでは、この素晴らしいコスパのサービスでどのような本を楽しめるのでしょうか。気になるのは有名で人気の本が読めるかどうかというところですが、それは時期によります。落合陽一さんが著した本などが読めるキャンペーンがあったり、はたまたとある漫画が何十冊も読めるキャンペーンがあったり、時期によってサービス内の目玉の本は変わっていきます。

そのため、国立国会図書館のようにあらゆる本を網羅しているわけではありません。洋書も合わせて百万冊以上読めるとはいえ、あまり聞いたことがない無名な本の方が多い印象です。

それでもあらゆるジャンルにおいて、それは例えば「イタリア語 会話」や「熊本 観光」、「ヘルシー 料理」などのキーワードでも、一冊ではなく様々な本がサービス内で見つかります。特に語学やビジネス、旅行の分野では様々な本が見つかります。逆に小説などの文学作品はそこまで多くない印象です。

メリット・デメリット(個人的に)

それでは、このサービスのメリットとデメリットを挙げていきます。普通に考えてこう、というものではなく、個人的に感じたメリットとデメリットを細かく書いていきます。

メリット

  • TOEIC関連の本がたくさんある(TOEICの勉強を最近しているのですが、なにしろ一個一個の参考書が高いんですね。1000円を超えるものが多いです。そのため、kindle unlimitedを利用して日々TOEICの勉強を進めています。なんとロバートヒルキさんや関正生さんの本もサービスで読むことができ、めちゃくちゃ便利です。このTOEIC対策だけが目的で加入してもいいくらいです)
  • 洋書が充実、そして単語を調べやすい(英語の勉強で時々洋書を読むのですが、和書と同様、多くの本があります。またこれはiphoneのキンドルアプリが使いやすいという話なのですが、単語を長押しすれば辞書がすぐ表示されて意味や用法がすぐに分かります)
  • 雑誌が充実(雑誌は毎月更新されています。PenやGetNavi、Capa、アニメディアや週刊ファミ通など様々な雑誌が読めます。コスパ、本当にいいですね)

デメリット

  • 10冊が上限(キンドルアンリミテッドでは、一度に自分の本棚にストックしておけるのが10冊です。1000冊くらいストックしたいですね)
  • パート1だけあったり、上巻だけ読めたり、30巻中10巻までは読めたり(まあこれは、商売とはそういうものだろうだと言われればそれまでなのですが、有名な本であればあるほど中途半端にしか読めないものが多いです)
  • 基本クレジットカード払い(アップルストア経由などは2019年夏段階では不可。アマゾンのサイトやアカウント経由で払います)

まとめ

キンドルを使用している方は割と多いと思います。電子書籍はもう目立つものでもなく、普通に皆さん使っていますね。しかし、アンリミテッドを使って読書や勉強の幅を広げている人は比較的少ないような気がします。そこまで日々が忙しくなく、月数冊本を読む方であれば、使わないのはもったいないです。そのため、このサービスのすばらしさを広めたいと思い、今回の記事を書きました。ぜひ、無料体験からどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA