イタリア人の性格やステレオタイプについて検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
venice

僕は以前、ホストファミリーに日本語を教えていたのですが、イタリア人の性格のステレオタイプというのが間違っている、と常日頃から感じています。陽気でテキトーなイメージがありますが、実際は先進国ですしきっちりしてるとこあります。

僕らが思うイタリア人の性格

イタリア人に対して皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。ラテン気質であり魅力的で、男性はムキムキしていてレディーファースト、女性はエレガントで気が強い、そして男女ともファッションや料理にうるさく、ちょっとチャラチャラしていて、軟派なイメージがあるのではないでしょうか。僕もそういった陽気なイメージをしていました。言ってしまえば、典型的な日本人気質とは真逆の人が多いという感じじゃないですか?

いらすとやさん、最強です。こんな感じ。

時間も守らず、テキトーで、仕事もあまりしない。家族や恋人を一番に考える人々、という固定概念があるのではないでしょうか。では実際、知り合い数名に聞いてみます。

実際の北イタリア人

その知り合い数名に話を聞いたところ、北と南で全然違うんだぜ、ということみたいです。要するに、北イタリアの人々は時間や規律に厳しく、オープン思考でありながらも落ち着いている人々で、争いを好まないようです。なんだかそう聞くとすごく魅力的な人々ですね。ちなみにその知り合い数名は全員、北伊人です。あんま自虐しないのが魅力的ですよね。

で、逆を言えば南部の人々、ローマやナポリに住んでいる人々は少しカオスだと言っていました。運転は荒いしスリも多い。ただでさえイタリア語は音量調節がし辛い言語みたいですが、中でも特に南部の人は声のボリュームを気にしないみたいです。特にナポリは想像力豊かな人が多い一方で、そのクリエイティブな頭を悪い方面に使ってしまう傾向にあるそうです。歴史的な地域は多く食や元気さも魅力的ではあるけど、と言っていました。(あくまで数名の意見を日本語に勝手に直した見解です)

やっぱりどこかの国へ行く場合、ひとくくりにはできないですよね。フランスだってパリとそれ以外の地域では違うでしょうし。日本だって関東、関西でけっこう雰囲気違いますよね。

チャラいのと紳士的なのは合ってる

ただ話を聞いていくと、合っている部分も多くありました。たとえば女性に声をかけるのは普通という文化。これは地域関係なく一般的なようです。僕は「嘘だろ」と思っていましたが、本当にごく普通のことみたいです。ただ他の国だと嫌がられることが多いので、本当にイタリア限定なのかもしれませんね。あとはまた男性の話ですけど、紳士的っていうのは本当みたいです。デートをしたら男性が基本払うようですし、誉め言葉なんかもイタリア語には多いって言ってましたよ。言う回数もバリエーションも。嫌な思いをさせないように、考えてエスコートしてデートするみたいです。女性はお姫様気分になれるかもしれませんね。

あとファッションでモテが決まるということも言っていました。アメリカでは筋肉とかスリーサイズとか身長、そういった体つきで魅力が決まることが多いようですが、イタリアは着ている服にその人の個性が出ているか、清潔感や統一感があるかなど重要みたいです。特に靴やヘアスタイルも非常に見られているようで、イタリア人の友人は、ファッションに興味がない男はモテないね、と言っていました。確かに彼はファッショナブルで実際モテていそうな雰囲気です。

イタリアというのは、そんな感じみたいです。恋人や家族のことが仕事より大切っていうのも、多分本当だと思いますよ。あと、結婚をまだ考えていない彼氏彼女なんかも、気軽に家族ぐるみでご飯を食べに行くみたいです。日本だと付き合ってしばらくしないと親御さんと一緒にどこかへ行ったりなど、なかなかないとは思いますが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA