スロベニア旅行記④ カムニークという可愛い街

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スロベニア旅行4日目、ついに僕は首都リュブリャナを飛び出しました。ずっとリュブリャナにいても飽きないとは思うのですが、鉄道に乗ってみたかったのでどこか行くことにしました。そして僕はカムニークkamnikに行きました。キュートな町でした。

リュブリャナ駅から電車で30分、カムニーク

僕は4日目、ふと電車に乗ってみたいと思い、朝9時くらいからスロベニアの電車や観光地について調べました。案の定日本語の情報はそう多くありませんが、どうやらブレッド湖とポストイナ鍾乳洞が人気みたいです。バスの方が楽みたいですが、それらへは電車で行くことも可能だそうです。しかしそんな有名なとこ行っても面白くないなと考えてしまった私は、ホテルでもらったガイドブックに載っていた観光地を調べてみました。

そしてカムニークを見つけました。特に何かすごいものがあるわけでもないけど、スロベニア最古の街の一つだとパンフレットには書いてありました。城があるよ、とも書いてありました。電車で30分と近いのも魅力で、行ってみることにしました。正直あんまり期待していませんでした。

電車を使う

そして電車を使ってはみたのですが、まずチケットカウンターで買うのが面倒ですね。バスはあんなに自動化されてるのに電車はだいぶ古風です。ネットでスロベニア鉄道の公式サイトを調べたりもしたのですが、オンラインチケットは基本ないみたいです。でもカムニークまで往復10ユーロもしなかったのでそれはうれしかったですね。まあ三十分なので隣の県に行くくらいの距離・距離感なんでしょうね。チケットカウンターの方々は英語ペラペラでしたがだいぶ忙しそうでした。

そんな感じでチケットをもらってホームに行き、いったん迷いましたがどうやら地下道を使うようで、その地下道を通って別のホームへ行き、カムニーク行きの列車に乗りました。日本と違うのはやっぱり座席の広さで、通勤電車というより新幹線みたいでしたね。人も少なかったので快適でした。田舎の風景を車窓からひたすらぼーっと見てました。

カムニークに到着、観光

kamnik mestroという駅に着いて、しばらく散歩しました。パンフレットに書かれていた通り、特別なものはないですが、街並みが綺麗で、山に囲まれているので空気も綺麗です。個人的には軽井沢のような雰囲気・空気を少し感じました。

写真の向きがひどいですが、こんな街です。観光客はいないですけど、歴史的な建造物が多く、タイムスリップ感もあります。駅前の教会やパン屋さん、雑貨屋さんに行ってみたりしました。パン屋ではウインナーロールを買いました。日本の物と同じ味がして、少し懐かしい気分になりました。

その後little castleという城に行ってみました。そこがすごかったです。来てよかったなあ、と感じましたね。カムニークの一面オレンジ色に統一された屋根を見ることができます。

素敵でした。ファンタジー映画の舞台のような城跡もありました。山の岩肌もそこからすぐ近くで、荘厳でしたね。まあ、4日目はそんな感じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*

CAPTCHA