セブ島で自信のない英語を練習【休学を一から振り返る日記⑧】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回では農家バイトの終盤の様子と、家に帰ってからのことについて書きました。今回は、英語の習得を目的としたフィリピン・セブ島への留学について書いていきます。セブ島は予想以上に終始暑かったです。まあ最近の日本の夏はそれを凌駕しそうですけど。

半年ぶりの飛行機

ついにセブ島に行く日になり、また家族とお別れして空港へ行きました。空港では無駄に早く着きすぎたため、しばらくお店を見て回っていました。普通に飽きました。空港到着はフライトの2時間前くらいがちょうどいいかもしれませんね。

また、ツアー会社に任せた旅行しか経験のなかった僕は、一人で航空券を取り現地へ向かうことに謎の不安を感じていましたが、問題なく飛行機に乗れました。「お前、小学生かよ」と思うかもしれませんが、やっぱり何でも初めてのことは(程度が低くても)緊張しますし踏み出しづらいです。

航空機内では、格安の航空会社を使ったため少々席は狭かったです。しかし、あまり足の長くない人間なので(泣)特に不自由なく現地に着きました。入国審査もタイに行ったときより少し緊張しましたね。友達と一緒ではない分。

タクシーで学校へ

セブ島には電車がありません。そのため、空港についたらスタッフの方がタクシーを呼び、学校まで送ってくれました。ちなみにセブ島、というか東南アジア全般は高温多湿のため、空港から外に出た瞬間にメガネが曇ります。

僕は夜に着いたのですが、タクシーの窓から見える夜景が綺麗で、スタッフの方と雑談しながら、渋滞の様子や屋台の様子をずっと眺めていました。

スタッフの方はとても気さくな方で、フィリピンにはこういった開放的な人が日本などの他国から集まるのかな、と少し思いました。

テストで惨敗

その日は夜だったので特に何もせず、英語の参考書を少し勉強して寝ました。

翌日に様々なカウンセリングがあり、英語の習熟度や何を達成したいか聞かれました。僕はこう答えました。

  • どのくらい英語話せますか?-TOEIC500点台で、単語使ってしか話せませんね。文章にして流ちょうに話すのは難しいです。
  • 英語の勉強好きですか?-最近好きになってきました。やってて苦痛には感じないです。
  • どんな勉強してますか?-文法の参考書を読んで解いていくのを、最近は1日1時間程度やってますね。あとは、英語字幕で映画を観るのはけっこうやってます。
  • 実際にしゃべって練習とかは?-してます。オンラインの英会話アプリを使って。
  • 英語を何のために勉強しますか?-休学して海外に行く時間が長く、英語でコミュニケーションを取れるようにしたいため。
  • じゃあリーディング・ライティングではなくリスニング・スピーキング中心の方が良い?-そうですね、そういった形の授業を受けたいです。

その相談が終わった後、簡単なスピーキングのテストがありました。フィリピンの方を相手に、簡単な雑談や写真描写問題を。

結果、想像よりはるか下のクラスに振り分けられました。どうやら、発音や雑談は少しできるものの、写真描写のように、きちんと文を作らないと進めないところで押し黙ってしまったのです。

けっこうショックでした。そしてその後、さっそく授業が始まりました。

初授業

個別授業が基本の学校であるため、1対1で先生と会話していきました。参考書を使いつつ、雑談の多い楽しい授業でした。これは、TOEICやTOEFLに特化して進めるなら別かもですが、基本的に和やかでのんびりした雰囲気で英語を学んでいきますね。

最初の数分はやはり緊張しましたね。自分の英語が笑われないか、伝わってないんじゃないか?と不安になりながらぼそぼそと英語を話していきました。

セブ島留学の最も良い点は個別授業が多く、そのため逃げられないことです。集団授業では、自信がなければ会話から離れられますが、個別では黙っていると変な感じになります。無理にでも話すことになるので、数分後には拙い英語でもなんとか絞り出して話せていました。

感動しましたね。「なんか俺話せてる!面と向かって、海外の人と!何十分も!」という感動。もちろん国内でも英会話カフェや英会話アプリを通して海外の方と英語で話していたのですが、彼彼女らは日本語もある程度話せるので、わりと楽だったんです。セブ島での先生方は日本語が話せないので、英語で何とかするしかなかった。だからこそ嬉しかったんですよねー。

今回はそんな感じです。また次回!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA