セブ島などフィリピン留学での授業の内容は?日本語は使えない?(初級者~中級者向け)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
道教寺院

セブ島などフィリピンは人気の留学先ですが、では実際にどんな授業をしているのでしょうか。授業で分からない部分があれば日本語を使えるのか?教科書を使ってしっかりと英語をスパルタで叩き込むのか?短期間のフィリピン留学をしていた僕が実体験をもとに話します。

授業では何をするの?教科書は?

では、実際にフィリピンでの留学生活が始まったとして、具体的にどのような授業を受けることになるのでしょうか。それはもちろん学校の方針や人それぞれの英語能力によります。先生の性格にも左右されるかもしれません。そのため一概には言えませんが、基本的に教科書を進めていく形となります。文法、イディオム、発音、長文読解、英会話、TOEIC対策などの様々な教科書を、生徒の要望や授業プラン、滞在期間と照らし合わせながら進めていくものとなります。

しかし日本の学校や塾と圧倒的に違うのは、生徒の要望を先生が柔軟に受け入れてくれるということです。というより、先生が毎授業の始めに「今日はどうしたい?」と聞いてくれます。そのまま教科書を進めたければ「教科書を」と言えばそのまま真面目に進めてくれます。

仮に「昨日の夜に部屋で自習したら、IF構文がよく分からなかった。だから今日はそれをやりたい」と言えば、多くの場合先生はそういった分からない部分について1時間みっちり教えてくれます。「今日は会話力鍛えたいからフリートークがいい」と言えば、先生は喜んで映画や食事、文化などについて話してくれるでしょう。

そうはいっても、例外はあります。僕の通っていた学校はスパルタではないので分かりませんが、やはりスパルタ型の厳しい学校に入れば、雑談で一時間使う授業などは許してもらえないかもしれません。また、のんびりした学校でも海外難関大学受験対策コースを選ぶなど、選ぶコースによっては厳しくなる可能性はあります。

日本語は使えるの?

では、授業中にどうしてもわからない単語などがあれば、日本語を使えるのでしょうか?まず、辞書や日本の教科書は基本的にマンツーマンの教室にも持ち込みオーケーなため、自分で調べるという意味では授業中に存分に使えます。電子辞書は特に便利なため、日本から持ち込みましょう。

しかし、先生に日本語で聞いて対応してくれるのかというと、基本的に難しいと僕は考えています。日本語が堪能な先生も中にはいらっしゃるのかもしれないですが、僕の担当だった4人の先生は日本語が話せませんでした。そのため、授業で出てきた難しい単語については英語で質問するのが基本です。それは最初は大変かもしれませんが、良い練習です。

結構疲れるしキツイ??

では最後に、授業での疲労はどのような具合でしょうか。これも授業のスパルタ度や本人の性格や体力にはよります。しかし、個人的にはあまり疲れませんでした。先生は陽気で優しく、食堂での料理もおいしかったため、ストレスはそこまでたまりませんでしたね。授業中も疲れたと感じることは少なく、拙い英語ではありますが、先生と遊ぶように英語を話すことができたと思います。それでいて分からない単語や文法があるときは必ず雑談なしで真剣に聞くなど、授業1つの中でも自分の中でメリハリをつけていたのかもしれません。

しかし、先生のパーソナリティーや指導方針が自分に合わずストレスがたまるという生徒もいるようです。僕は運よくそれがなかったのですが、実際に校舎にいた他の生徒に聞くと「そういうことは時々ある」そうです。大抵どこの学校もスタッフに相談すれば翌日や一週間以内には先生を変えてもらうことが可能なようなので、遠慮せず言ったほうがいいですね。

ただ基本、そこまで疲れないとは思います。僕は、半年程度いると疲れるのかどうかは分かりませんが、少なくとも短期では問題ありません。

まとめ

いかがでしょうか。フィリピンへの留学は人気ですが、授業の中身については実際に行ってみないと分からない人が多いと思います。しかし現地へ行けば生活の大半を授業に使うため、授業の内情はしっかりと調べたほうが良いです。そのためこの僕の記事や他の方々の体験談を読んで、自分に合ってるかどうかなど、イメージを膨らませていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA