休学中のブログ投稿を振り返る【100記事目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は8月からブログを書いてきて、気づけば99記事書いてました。今回で100です。そこで、あらためてブログを書くということが自分にとってどんなものであったか、確認していこうと思います。また休学生活も少し振り返っていきます。メリットやデメリットも書いていきますので、是非読んでいってください。

ブログを始めたきっかけ

今年の8月にブログを書き始めたのは、友人や家族と話していて、この休学生活がけっこう珍しいものだとあらためて認識したからです。workawayや農家バイト、セブ島留学など、いろいろと語れることが多いなと感じ、挑戦しようかどうか迷っている人に情報や感想をシェアできれば、といった思いでスタートしたものです。

また自分の経験したことを自分で忘れないように、といった日記の役割やアフィリエイトへの興味も含めて、ブログを開いてみました。

5か月経って感じること

5か月、割と継続的に書いてきて、書くことがだいぶバラけてきたなと感じています。始めた当初は休学生活と海外情報に特化して書いていたのですが、それらのネタが切れた時に書いた、テニス記事や世界遺産検定に関する記事などが個人的に面白く、その結果ジャンルが6つくらいにばらけてきました。

テニス記事

また面白いのが、おまけのつもりで書いたテニスの記事が非常に人気であるということです。テニス観戦は日本にいるときも海外にいるときも好きで、情報をもともと多く持っているので、書くのも容易で楽しいです。

しかしガチガチのテニスブログではないので、自分の好みの選手についてしか書かないと決めています。アフィリエイトやブログの運営に特化して言うのであれば、おそらくは人気もあり、わりかしブルーオーシャンなテニスに特化して書いた方が効率は良いのでしょうが、休学の足跡をシェアしていくことが自分の中でメインのため、テニスはあくまでサブですね。まあでも、気分次第でテニス記事だらけのブログにもなりえます。その辺はケースバイケース(テキトー)です。

投稿頻度

ブログを始めた当初や海外滞在中、海外から帰ってきてすぐのタイミングは、わりかし毎日や2日に1回のペースなど高頻度で投稿できていたと思います。書くことも多く、熱量もあり、暇な時間も多かったためですね。早く書かなきゃ忘れる!と意気込んでいました。

しかし現在や12月、また海外にいる中でも忙しい時はやはり投稿頻度が下がってしまっています。就活や現地での交流、TOEIC試験やバイトなどがあると、やはり書こうと思っても、明日にしようと、先延ばししてしまっていますね。

時間のある休学大学生の身分でも僕はこの程度なので、社会人でブログを書かれていたりYoutubeをやられている方を本当に尊敬しています。

ブログのメリット・デメリット

ブログをやっていて、良いことがほとんどですが、微妙だなと思う部分もほんの少しありました。今回はこれを書いて、終わりたいと思います。それじゃ。

メリット

  • 自分の考えてることや情報を140字以上の文字にして残せて、それをシェアできる
  • そうとう分析して行動して頑張れば稼げる(僕は微妙です笑)
  • 記事を見てもらえると単純にうれしいし、どの記事がどれだけ見られているか把握できる(googleサーチコンソールなどを使って)
  • 文章を書くと頭を使うので頭の体操になる。考えてることを体系化できる
  • 書くためにネットで何か調べたり本を読むときがある。よって知識が増える。
  • 最近はスマホでも書けるので場所選ばずどこでも書ける
  • ゲーム感覚でできるため楽しい(稼ぐのが第一目標ならきついかも?)

デメリット

  • メリットとしても書けるんですが、アメーバなどの大手ブログサービスを使わず、wordpressを使って自分でサーバー選んで書く場合、少し手間とお金がかかる。(でもその分自由度高い)
  • 理解してくれない友人や家族から「そんなこと何時間もして意味あるのかね」と時々言われる。まあデメリットというほどのことじゃないですけど。
  • セキュリティ対策をしっかりしないとまずい
  • 立場がある人は書いていいこととダメなことがあるから、書きづらい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA