埼玉県の自然が多く夏にぴったりの公園3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
公園

夏には様々なレジャーを楽しむことが多いでしょう。中でも家族や友達とスポーツやキャンプなどを楽しめる「公園」には、何度も足を運ぶと思います。今回はそんな公園について紹介していきます。特に埼玉県にある自然豊かで楽しい公園に関して話していきます。戸田公園や羊山公園などユニークな公園はいくらでもありますが、今回は特におすすめで家族でも楽しめる3つの場所を紹介します。

国立武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園は滑川町にある大きな公園です。半日では到底回りきれません。1日でも全体を散歩すれば相当疲れますし、おそらく1日でも全体を行くのは無理でしょう。東京ドーム65個分の広さである、とホームページには書いてあります。そのくらいの規模感です。アイスランドポピーやルピナス、コキアやカエデなど季節ごとに咲く様々なお花が特徴的で、一人で写真を撮りに来る方々も結構多いです。最寄駅は森林公園駅で、頻繁にバスが出ています。徒歩で駅から公園へ行こうとすると40分〜1時間程度かかります。僕は徒歩で行き、足が棒になりました。

またこの公園ではセグウェイツアーが有名です。ガイドさんによる植物の説明や園内の美しい風景を楽しみながら、最先端で快適なセグウェイでのんびりと楽に園内を駆け回ることができます。

魅力はセグウェイだけでなく、様々な施設やサービスも素晴らしいです。子供が存分に遊べる巨大なトランポリンや愛犬とフリスビーなどが楽しめるドッグラン、それに加え作り込まれた美しい彫刻を眺める広場など、盛りだくさんです。

荒川大麻生公園(ひろせ野鳥の森)

次に紹介したいのが熊谷にある大麻生公園です。ここは先ほどの武蔵丘陵公園とは異なり、首都圏全域で人気というわけではない場所です。言うなれば、地元の人だけが知っているよく分からない大きな森というイメージです。僕は熊谷出身ではないので分かりませんが。それでも、個人的にこの大麻生公園の広大さとひろせ野鳥の森の幻想的な雰囲気は、童心に帰ることができる素敵な場所です。

ちなみにひろせ野鳥の森というのは大麻生公園内にある森です。名前の通り鬱蒼と茂った森であり、夏はまるで異国の熱帯雨林のようです。冬になるとそれはまた異国のファンタジーな世界観があります。アイスランドやフィンランドのような。ここではなにか特別にイベントが用意されているわけではありませんが、人が少ないため自然を独り占めしたような気分になれます。園内の広場では長距離でフリスビーなどができます。

アクセスとしては、少し面倒です。この公園は熊谷駅からは遠く、そのため秩父鉄道を使ってひろせ野鳥の森駅で降りるか、もしくは大麻生駅で降りるのが一番便利です。そこからなら徒歩5分もかからず公園に入れます。しかし東京から来るのであれば、割と時間がかかりますね。駐車場もあるため、車が良いかもしれません。

大宮公園

最後にオススメしたいのが大宮公園です。大宮公園はアクセスが良く、東武野田線(アーバンパークライン)の大宮公園駅や北大宮駅から徒歩数分で向かうことができます。大きな湖や春の花見が特徴的で、平日でも割と少しだけ混んでいる印象です。特にポケモンgoを嗜んでいる大人たちが夕方には増えてきます。最近は減ってきたのかもしれませんが、数年前はゾロゾロといました。

大宮公園の素敵なポイントは文化的なところです。縄文時代など昔からの埼玉の暮らしを知ることができる歴史と民俗の博物館に、全国的にも有名な大宮の氷川神社があります。単純に自然を楽しんで友達と遊ぶだけでなく、宗教や民俗、歴史などの勉強もできる場所となっています。

まとめ

公園は誰でも無料や数百円で遊べる素敵な場所です。一人でくるのも友達や家族と来るのも、どちらも良さがあります。その代わり誰もが安心して楽しく過ごせるように、公園ごとのルールを守って楽しむ必要もあります。節度を持って、遊びましょう!

コメントを残す

*

CAPTCHA