大学生に若干おすすめ・採点アルバイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は数年前に採点のアルバイトをしていました。想像通り、淡々と生徒さんの解いた問題を解答と照らし合わせ、間違っていれば適切なアドバイスを書くバイトです。個人的に、合う合わないはあると思いますが大学生には若干おすすめなので、紹介していきます。

採点バイトってどんな感じ?

採点バイトとは、主に国数理社英といった科目のプリントや教科書を採点しまくるバイトです。もちろん、塾講師にも採点業務は含まれるとは思いますが、ここで僕が紹介したいバイトは業務の8~9割が採点のものです。

僕が思うに、採点バイトには、
・教室内にて、生徒の前で採点を進めていき、時折質問にも答えるもの
・採点用のオフィスや在宅で、生徒を前にせず一人で進めるもの
の2つがあると思います(あくまで個人の見解)。

あまり詳しくは言えないのですが、僕が経験したのは教室の中でのもので、採点に没頭しながらも生徒からの質問に一日数回答えるなどしました。でも、それほど難しい質問はこなかったです。もともと採点専門として採用されていたので、その辺の配慮はありました。また、ペンなどの必需品は持っていく必要なく、用意されてました。

適正はある?

採点のアルバイトというのは、やはりこちら側が間違えてしまってはどうしようもない仕事だと思うので、細かい部分を地道に見ていける人が向いていると思います。数時間、基本的にしゃべらず正誤を判定していくので、数字や文字にずっと向き合っているより、お客さんや子供たちと話していたい人は、向かないかもしれません。

でもまあ、実際にやってみて、採点する各科目の知識や計算力の基礎ができていれば、やっていけるとは思います。得意であったり、それを専攻していなければ厳しい、ということはありません。

あと、どうしても人間なので、間違えてしまいますし、僕もあまり優秀なバイトではありませんでしたけど、それでもミスを無くそうと努力する姿勢を勤務中に持てば、極力ミスは少なくなり、生徒さんや他の講師に採点ミスを心配されることはほぼなくなります。疲れますけど、慣れたら楽に感じます。

時給は?

時給は安いことが大半かな、と感じています。最低賃金に近い金額でした。それは教室の規模にもよるんでしょうけど、基本的に割のいい高額バイトとは言えませんね。先ほどバイトのサイトを見たのですが、やはりどれも安いです。でも接客に疲れたり人と話さず黙々とやりたい、教育に興味がある、という人にとっては悪くないバイトだと思います。

メリット・デメリット

これでおおかたメリットやデメリットは伝わったとは思いますが、他にも感じたメリットデメリットを書いていきます。

まず大きなメリットは、勉強の復習ができるということです。大学生の方々は就活をする際、SPIが必要になることが多いですよね。採点では解答集を見ながらも自分で考えたり計算したり、とありますので、読み書きそろばんの基礎力といいますか、その練習にはなると思います。社会も時事問題等の復習になりますし、英語も文法や単語の確認になります。なにより簡単なものといえど、学問に触れながらお金がもらえるというのは、メリットではないかと思います。教室で勤務している場合、生徒さんたちの成長も感じやすく、半年前は全然できなかった子がこんなに?!という感動もあります。

デメリットとしては、募集が少なめということです。前回紹介した物件写真撮影のバイトよりは多いとは思うのですが、それでも塾講師や接客業に比べれば少なめです。あとはまあ、教室でのバイトに限りますが、子供の対応でめちゃくちゃ大変!ということもあります。もちろん教室長などに比べれば楽なのですが、それでも意地悪な質問をしてきたり食ってかかってきたり、ということはありました。それも子供に慣れてない人や苦手な人にとっては大きなデメリットかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA