家でも楽しめることを休学生が伝授【インドア・趣味】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月、現在の状況ではなかなか外出はしづらいですよね。外出禁止になる方々も少しいることでしょう。実際、僕の行ったホームステイ先(イタリア)の家庭では外にほぼ出れないそうです。そんな中で今回は、家に1か月ずっといても苦にならないインドアプロの私が家で楽しめる趣味を沢山紹介していきます。

Youtube

最近は家にいる場合、YouTubeを見てれば一日が潰せちゃいますよね。検索すれば膨大な面白い動画が出てきます。ゲーム実況・猫と戯れる動画・英語学習動画・とにかくくだらないもの、などなど。どれを見ても楽しいですね。個人的には、だいじろーさん・Langfocusさんの動画を最近よく見ています。おすすめです。正直、Youtubeがあれば塾や英会話教室に行かなくていい、という人も多そうですよね。実際、インプットであればYoutubeがあればだいたい済んでしまいますしね。しかも無料で。さらに、関連動画もすごいですよね。本当に興味をそそられるコンテンツが次の動画として出てくるので、終わりません。最高の娯楽です。引きこもっちゃいます。

読書

次は読書です。これも定番ですね。一人の世界に閉じこもりましょう。最近はインターネットの記事で十分だとかYoutubeで知識を取り入れることが十分だとか言われていますが、やっぱ本を読んでいると、一つの物事に対して多角的な深い知識がつくので、素晴らしいことだと思うんですけどね。それに、読書体験が脳に与える影響は良いことも証明されています。気になる方は調べてみてください。ちなみに僕は最近、ロバートハリスさんのエグザイルスという本を読んでいます。旅・自分に関する本です。あと、読書を庭やベランダでするの、おすすめです。集中できます。

読書であれば、アマゾンさんが提供している読み放題のサブスクリプションサービス、Kindle unlimitedがおススメです。登録はこちらから↓

料理

これは、毛嫌いしてる人も多いでしょう。しかし、PCやスマホに一日中依存してしまう人にとって、料理の時間は頭の別の部分を使い、目を休めるリフレッシュとして重要です。引きこもるうえでたいへん重要です。

まずは買うところから楽しみましょう。今はアマゾンフレッシュで色々な食品が買えるので、極論、家から出なくてもいいです。パルシステムさんなんかも活用できます。

慣れていない人は難しい料理ではなく、鍋や野菜炒めから始めるといいと思います。味付けをめんつゆなどで自分なりにするだけでなんか楽しいです。そこからどんどん、ベジタリアン料理や民族料理といった奇抜なものにチャレンジすると良いと思います。料理は僕らの身体をつくるものなので、奇抜な料理をするとしても塩分や砂糖には気を付けましょう

片付けは面倒ですよね。理想は食器洗い機があればよいのですが、こればっかりは音楽でも聴きながらやりましょう。

映画・ドラマ(ラジオ)

また、映画やドラマもおすすめです。昔のように録画をするのではなく、ネットフリックスやアマゾンprimeビデオいくらでも映画・ドラマを楽しむことができます。こう考えると、アマゾンさんのサービスの幅は驚異的ですね。

宇多丸さんや町山さんのラジオを聞いて、映画についてのユニークな知識を付けていくのも楽しいですよ。ラジオといえば、Radicoというアプリがおすすめで、映画以外にも村上春樹さんや井口理さんのチャンネルが聴けます。

個人的には、ドラマではBored toDeath、映画ではトゥルーマンショーがおススメです。ダラダラしながら物語の世界に浸りましょう。これまで見てこなかったジャンルにチャレンジするのも良いかもしれません。僕はホラーとドキュメンタリーを全然観ないので、今度チャレンジしてみますね。

哲学的な映画を観てみると、人生観が変わることもあるので、そういったものも発掘していきましょう。そういった文脈では『嗤う分身』や『サブマリン』、『ゼロの未来』がおススメです。

次回に続く

今回はこのくらい!定番ばっかになったから、またもう少し踏み込んだものを次回は提示します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA