群馬県・高崎のおすすめ観光スポット3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高崎

群馬県にある高崎市は芸術の街として知られ、人口は30万人を超える大きな都市です。新幹線の駅もあり、東京からも高崎線一本で来ることができます。街は落ち着いた雰囲気で、高崎駅から数十分車を走らせれば美しい自然に会える地域でもあります。そんな中で、実際に行ってみて分かった、特におすすめの観光地を紹介します。家族や恋人、友達や一人旅でも楽しめる場所を紹介していきます。

みさと芝桜公園

みさと芝桜公園は高崎市内の箕郷町にあるフォトジェニックな観光スポットです。4月上旬から5月上旬にかけて開花するコンパクトな芝桜が魅力の公園となっています。芝桜は秩父の羊山公園も有名ですが、この公園も同様に有名で美しく、かわいらしいです。

また、みさと芝桜公園には自家用車で行くのが一番楽ですが、高崎駅からもバスを一度乗り継げばアクセス可能です。料金は大人で300円、子供で100円のため、非常にリーズナブルです。

4~5月の開花時期には“みさと芝桜まつり”が開催されます。群馬県ならではの食品や花がたくさん売られていて、賑やかです。特に桜の味がするアイスクリームが美味しかったことをよく覚えています。祭りの期間中はなめこ汁が無料でいただけるなど、様々なイベントやキャンペーンもありますね。

園内には26万株の芝桜が咲いていて、ハート形に整えられたものもあります。そのハートの前でカップルがよく写真を撮っていましたね。公園は丘になっていて、奥にある見晴らし台からは広大な芝桜を存分に眺めることができます。もちろん芝桜の間を歩ける道もあるため、いろんな角度からピンクやホワイトの美しい桜を堪能できます。ただ蜂が時々いるため、注意して散歩してください。

白衣大観音

次におすすめしたいのが白衣大観音です。こちらは高崎市のシンボルと言える非常に目立つ観音様でして、高崎駅から南西にある高さ190mほどの観音山のトップに佇んでいます。なんとこの像は40m以上も高さがあり、さらに僕ら見学者は無料ですぐ近くまで行けます。文字通り、観音様の巨大な足に触れるほどすぐそばまで行けます。圧巻です。そして写真からはあまり伝わりませんが、思ったより純白でした。きっと入念に掃除されているのでしょう。

それに毎日それほど混んでいるというわけではないため、友人や家族などとのんびりこの半端ない大きさに浸れます。僕が行ったときは掃除をしている地元の方しかいませんでした。それは夕方だったからかもしれませんが。

また、ここは年中無休でいつでも見学可能です。しかし胎内には日中の限られた時間しか入れません。胎内には時間の都合上行かなかったのですが、どうやら肩の部分まで行けるようです。いつか入ってみたいです。

榛名神社

双竜門

最後に紹介したいのが榛名神社です。ここは高崎市の中でも特に歴史ある場所で、建てられたのはなんと6世紀後半です。国の重要文化財でもあります。アクセスとしては、高崎駅から直線距離では遠いですが、バスで一本で行けます。駅から1時間10分程度で着くため、それほど長い移動ではありません。しかし、日帰りで高崎全体を回るのなら、これは少し長いかもしれませんね。でも行く価値は絶対にあります。

まず魅力として、空気が圧倒的に美味しいです。なぜなら、この神社は山岳信仰の地やパワースポットとしても人口に膾炙しているほど、高崎の市街地からは離れた山のほうに位置しているからです。また、入口からの参道は700m程度あり、それはちょっとしたハイキングにもなります。景観としては高尾山に少し似ているという印象が個人的にはあります。参道には山ならではの植物が多く、美しい川が流れ、特に双竜門という大きな岩に挟まれた場所は神秘的で荘厳です。ただ高崎市街地よりは寒いので、気を付けましょう。夏は逆に良いかもしれません。

まとめ

高崎には魅力的な観光地が数多くあります。僕はまだ行ったことはないですが、群馬音楽堂やはにわの里、染料植物園、榛名湖温泉など自然、エンターテイメント、歴史、文化、温泉など様々な側面で面白そうな場所があります。ぜひ高崎へ訪れて、自分のペースで楽しんでみてください!特に白衣大観音は一見の価値ありです。大ありです。良い意味で異常です。ただ高崎駅からバスで観光を楽しむより自分の車で回ったほうがアクセスは格段に良いです。もちろん榛名神社などに一本で行けるラインはあるのですが、そうはいっても車を持っていて、高崎まで家が遠くなければ、小回りが利くため車が絶対に良いです。

コメントを残す

*

CAPTCHA