2020全豪オープンテニス(男子シングルス)を個人的に振り返ってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の全豪オープンの対戦結果を個人的に分析し、振り返ってみます。特に男子シングルス、というのも僕は男子シングルスしか詳しくないので、すみません(笑)。また、今回の大会は森林火災によって健康の面や開催自体どうなるのかという点で、大変でしたね。結果として中止には至らなかったですが。

僕は様々なサービスを使ってテニスの試合を見ていますが、その一つとしてDAZNはおすすめです。特に女子テニスに興味がある方はぜひ。(2020年1月、今のところグランドスラムは残念ながらDAZNでは見れませんが、他の様々な大会の試合が見れますよ)

【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

若手シードの敗北ラッシュ

今回の全豪オープン男子シングルスでは、1回戦で数名、シード選手が負けました。

列挙しますと
・シャポバロフ(13シード)
・アリアシム(20シード)
・チョリッチ(25シード)
こちらの3名です。3人とも25歳以下で、勢いのある若手ですが、残念ながら敗退してしまいました。逆にベテランのシード選手は1回戦では敗退していませんでした。

2回戦でも、
・ベレッティーニ(8シード)
・ホルカシュ(31シード)

こちらの二人が負けました。2回戦ではフランスのペール選手など30歳前後のシード選手が何名か敗退しましたが、それでも若手が多く負けていた印象です。

特にシャポバロフ選手とベレッティーニ選手の敗退は個人的に予想外で、4回戦まではいるだろうと予想していました。特にベレッティーニ選手は去年、全米でベスト4でしたし、ツアーファイナルにも出ていましたので、全豪でもそう簡単に負けないだろうと思っていましたが。分からないものですね。

日本人選手の活躍

今回は錦織選手が欠場ではあったのですが、男子シングルスのトーナメントでは、西岡選手・杉田選手・内山選手・伊藤選手の4名が本選に出場していました。

それぞれが奮闘し、内山選手はスウェーデン期待の若手・イマー選手に一回戦で敗れたものの(全豪公式サイトのハイライトから見れる、三セット目に内山選手が決めたドロップショットは非常に綺麗でした)、杉田選手・伊藤選手は2回戦進出、西岡選手は3回戦に進出しました!(3回戦でジョコビッチ選手に敗退)

西岡選手はATPカップでもバシラシビリ選手やパブロ・クエバス選手に勝利するなど調子を上げていて、番狂わせが全体的に少なめだった今回の全豪でも、しっかりとジェレ選手やエバンス選手といったトップ50に入る強敵に勝ちました。

試合を見ていて思いますが、西岡選手、やはり試合の組み立てが綺麗ですよね。ミスを誘うというか。特にATPカップでのクエバス戦の圧勝ぶりは、相手の不調もあるでしょうが、すごかったです。

特に活躍した選手

個人的なグランドスラムの楽しみ方は、シード以外の選手やシードだとしてもその番号が二ケタ台の選手がどう勝ち上がっていくかを見ることです。

ワウリンカ

今回はワウリンカ選手が活躍していた印象です。ワウリンカ選手はかつて全豪・全米・全仏も優勝していたものの、2017年の後期、2018年と怪我に悩まされ、ランクも低いままで留まっていました。しかし、わりかし復帰できたと思われる2019年には二つのグランドスラムでベスト8にも入り、今回の全豪でもベスト8に入っていました。

準々決勝でズべレフ選手に敗退しましたが、僕もみんなも大好きな、彼の現実離れしたバックハンドがストレートに決まっていく姿はやはり本当に良いですね。どうなってんですかね、あれ。そして4回戦や2回戦、競った試合に勝って行く姿もかっこよかったです。去年、大躍進を遂げたメドべデフ選手にも勝利しました。

ラオニッチ

またラオニッチ選手もベスト8まで進出しました。チチパス選手やチリッチ選手といった強敵を下していましたね。特に去年のツアーファイナル優勝者のチチパス選手に勝つというのはすごいことですよね。そしてラオニッチ選手のサーブはやはり強烈。

サンドグレン

今回の全豪では、ベスト8で1人だけノーシードの選手がいました。それがテニズ・サンドグレン選手です。2020年1月段階での自己最高ランクが41位であるものの、2018年の全豪でもベスト8に入っていて、2019年にはグランドスラムで3回戦や4回戦に進出することもあった選手です。グランドスラムが得意なのかもしれませんね。

今回、ベレッティーニ選手を下したのがこちらのサンドグレン選手であり、他にもクエリー選手、フォニーニ選手といった難敵に勝っています。フェデラー選手にもあと少しで勝てそうだったんですが(ほんっとに惜しかった)、敗退して今回の全豪はベスト8という結果でした。

個人的には、フォアハンドをとんでもない速さで振り切るのにそれが全然ミスしない、身長のわりに足速くて逆突かれた時にも反応が早い、という印象の選手です。なんだか本当に的外れな意見かもしれませんが、プレースタイルにおいてモンフィス選手と少しだけ重なります。

他にも

またルブレフ選手はアデレード国際で、ゴフィン選手、キリオス選手はATPカップで調子を上げていたので、やはり全豪でも試合を見ていて面白かったですね。残念ながら4回戦や3回戦で敗退してしまいましたが。

個人的に観てて楽しかった試合

また個人的には、南アフリカのケビン・アンダーソン選手とベラルーシのイリヤ・イヴァシュカ選手の試合(一回戦)が非常に面白かったです。これほどの接戦、また高いレベルでの試合はあまり見たことがなかったです。

テニスは決勝や上位シード選手同士の試合ばかりが注目されがちですが、1回戦を見てみると、驚きの内容であることがよくあります。これベスト8以上のレベルだろ、と。

結果、アンダーソン選手が勝利しましたが、イヴァシュカ選手は今後、大きな大会でベスト16や8に名前があがって来ると思います。

【DAZN】世界中のスポーツを全てここで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA