Workawayを使って世界中でホームステイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留学には数百万もの費用が必要だという先入観がありませんか?学校や機関を通す手続きの面倒なものだという思い込みがありませんか?それらの価値観を一掃してくれるのがエクスチェンジワークという形態であり、その中でも利用し易く幅も広いのがWorkawayというサービスです。世界中どこでも旅することができ、ホームステイを経験するため言語もたっぷり学べます。

Workawayとは?

では、Workawayとはどのようなサービスなのでしょうか。それはホームステイと文化交流を目的としたマッチングサービスです。海外の文化や言語を学びたいボランティアの人々(Workawayer)と、世界中で登録された39000以上ものホストファミリーの人々を結びつけるというものです。マッチングサービスですが透明性は非常に高く、ホストもWorkawayerも互いに評価し合うものとなっています。そのため安全を確保しやすいです。Workaway側に留学する都度、何か書類を提出しなければならない、ということもありません。シンプルで画期的なサービスです。

具体的にどうやってホームステイするの?

それでは、具体的にどういった手順でホームステイをするのでしょうか。僕の体験を基にして説明します。あくまで個人の見解です。

まずはワークアウェイの公式サイトにアクセスし、登録を済ませます。年間42USドル(2019年8月17日時点)を払うことにより、アカウントを作って実際にホームステイをするサービスが利用できます。※サイトはすべて英語です。

次に、自分のプロフィールを充実させて、顔写真や渡航プラン、自己紹介について詳しく記述します。その後ホストファミリーを検索し、自分の求める条件に合ったホストと連絡を取ります。同時に他のWorkawayerも検索し、連絡が取れるできるため、Workawayがどういったもので、何かアドバイスがあるのか日本出身の人々に聞いてみるのも良いでしょう。

見事ホストファミリーが決定したら、次に滞在する国の航空券や海外旅行保険を購入していきます。パスポートを持っていない人は早めに購入しておきましょう。また、このタイミングで各国のビザや航空会社の荷物規約を確認すべきです。特にオーストラリアのETASなど電子ビザは忘れやすいので、確認が必要です。僕は渡航前日にETASの存在を思い出し、急いで取得したため大変でした。早めに用意しておくほうが絶対に良いです。

実際に渡航日になったら、飛行機に乗って目的の国へ行きます。そしてホストファミリーを訪問し、滞在していきます。海外に行ってからはSkypeや電話などで連絡を取っていると、ホストファミリーへの訪問がしやすいです。

ホームステイしてなにをするの?

Workawayを利用して滞在するうえで、いったいホストファミリーの何を手伝うのでしょうか。もちろんそれはホストファミリーに依ります。しかし、大きくいくつかに分けることができます。一つが農業で、ホストの農作業を手伝います。この場合、ホームステイというよりはファームステイと呼ばれます。2つめが家事・育児で、掃除洗濯や子供の送り迎えなどを手伝います。子供と遊んだりももちろんします。3つめが語学習得で、特に日本語を勉強したいホストに行くと良いでしょう。子供にインフォーマルな形で教えることが多いです。しかし日本語に興味があり、日本語教務が主なボランティアとなるホストはそう多くはありません。4つめがホステルやカフェなどの運営です。運営に関する様々な仕事をします。ある程度高い語学のレベルが要求されます。それ以外にも様々なボランティアの形があり、フォトショップを使える人を探している場合や、リフォームの手伝いをしてくれる人を探している場合もあります。本当に少数ですが、会話をしてくれるだけでいいというホストのページも見たことがあります。

まとめ

留学にはさまざまな形があります。学校を通した交換留学や、国からの奨学金を貰って行く留学、近年話題のセブ島英語留学など。ワーキングホリデーや海外ボランティアは俗に言う「留学」とは違うかもしれませんが、海外で何かを学ぶという点では広義の留学と言えます。そういった留学の新しい一つの形として、Workawayがあります。

似たサービスにWWOOFやHELPXがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるでしょう。とりわけ、Workawayのデメリットについては次の記事で紹介しています。

しかし、僕はWorkawayのアットホームで文化交流を第一とした考え方がやはり素敵だと感じています。実際にホストファミリーのもとへ滞在すると、ボランティアというよりも家族の一員になったという感覚のほうが強いです。皆さんも是非一度、試してみてください。Workawayは英語のサイトですが、デザインが凝っていて非常に見やすいものとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA